2006年04月01日

4月より

2006年4月より

ブログを次の場所に移動をさせています。

大きな顔の司会者の日記

http://mc-okamoto.seesaa.net/

恐れ入りますがBOOKMARKをしていただいている方は

変更をお願いいたします。

http://mc-okamoto.seesaa.net/

また、映画関係のブログはひとまとめにして

大きな顔の司会者の映画館」という名前でまた、新たに作って

おりますのであわせてブックマークをお願いします。

皆様にはお手数をおかけいたしますが宜しくお願いいたします。


岡本文夫 拝
posted by BUNTA at 00:00| 大阪 ☁| Comment(141) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

兵士の物語 いずみホール

3月30日

大阪のいずみホールでいっこく堂さんが語り部をする

クラシックの演奏会が行われた。

NEC_0003.JPG

今回の演奏会は、いっこくさんが語り部をするということで

かなり注目を集めていた公演であった。

前日、一緒にご飯を食べに「なかさき」へ行き、そこで久しぶりに

いろんな話をさせていただいた。

今回の公演はいっこくさんが台本を作ったらしくて本人いわく

はじめてみる人にも簡単にしてあるとのこと。

だから通の人がみるとどうかなあとおっしゃていましたね。

そういえば、先日大黒でお会いした方がこの公演をものすごく

楽しみにしていらっしゃって、当日会場でお会いしましょう・・・

というような話をしていたんですが、結局は会えなかったですね。

とりあえず、行ってきました「いずみホール」

実ははじめて入ったのですが、本当にきれいなホールでした。

そして音の響きもすばらしくて、ここでいっこくさんが腹話術で

語り部をするのかと思うとぞくぞくとしてきたのでした。


そして、ゆっくりと照明が落ちて、演奏が始まります。

なんとも言えない静寂感。

そこへ気持ちよさそうに入ってきたいっこくさん・・・

兵士の物語はゆっくりと始まった。


今回の兵士の物語は3体の人形を使い、進めていくことに・・

そこに語り部のいっこくさんが入って語られる。

もちろん人形のところは腹話術でしていくわけだが、会場のみんなが

いっこくさんの口元を見ている。


いつもツアーでいっしょなので見ているのですが、

客席から見ていると本当にすごいですね。まさに芸術的な技です。

でも目にみえない努力をものすごおくされているんですよ。

(頭が下がります)


終わってから、控え室にお邪魔しました。

たくさんの方々がいる中写真撮影に応じてくれました。

NEC_0002.JPG

次回、いっこく堂さんとのツアーは4月21日から始まります。

東南アジアのジャカルタ・・・どんなツアーになるのやら。楽しみです。


ブログランキングに投票していただけるとうれしいです。
banner_01.gif

posted by BUNTA at 15:43| 大阪 ☀| Comment(26) | TrackBack(8) | いっこく堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

トム・ヤム・クン!

3月27日 
試写室にて

20051121_49554.jpg

『トム・ヤム・クン!』見てきました。はっきり言ってすごいですわ。

CGなし、ワイヤーなし、スタントなしと言うふれこみで前回ヒットしました

『マッハ』のトニー・ジャーが今回は愛する象を取り戻すために

単身オーストラリアに遠征。そこで暴れまくるという映画なんですが、

なんせ、やられている人が痛そうなのである。

つぎつぎと骨折させていくんですが、その迫力がカット割をあまり使わずに

長回しでつないでいるので、やらせぽっくないんですよね。

本当に気持ちいいくらい折ります。ボキッ ボキッ ボキッボキッボキボキボ

キボキボキ ボキーーーーーーという感じですわ。思わず笑ってしまうくらい

折れます。

どうやって撮ってるんだろう。中には本当に折れた人もいると思う。

そんなことを心配したくなるようなスタントだった。

話の展開はさておき、トニー・ジャーの気持ちのよいカンフーは

ストレスのたっまている方にはおすすめですわ。

自分まで一緒になって相手の攻撃をよけている。(昔ブルース・リーの映画をみてヌンチャクかったよなあ・・・)

公開はゴールデンウィークです。見る前に『マッハ』を見ておいたほうが

いいかもしれませんね。

ブログランキングに投票していただけるとうれしいです。
banner_01.gif
posted by BUNTA at 13:02| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

BAR NAGI

久しぶりの更新となりました。
この1週間はいろんなことがありましたわ。
自分の中でも発見があったり、選択があったり、
そして決心があったりと・・・

まあ、いろんな機会を通じて飲むことが多いんですが
以前にもご紹介した、BAR NAGIを紹介します。

場所は天五中崎町商店街の中を天五側から入って
およそ300mぐらい進んだところにあるBARの看板を
右に折れて、30mぐらい進んだマンションの2Fに
ひっそりとそのバーはあります。名前はBAR NAGI。
梛木さんという方がオーナーの店で、実は彼の結婚式の
司会をしたのが縁で、通うようになりました。

そのバーの扉を開くのは勇気がいります。
おそらく一げんさんは決してそこに行こうとは思わないでしょう。
まったくそこにバーがあることさえわからないようなところです。

中はカウンターに6人ぐらいが座るとほぼ満員のような小さな
お店ですが、とっても居心地がいいのです。
とはいってもここにたどり着くころは相当酔っていますから
なんだかご迷惑をおかけしているような気もします。(すいません)

200603240002000.jpg

そこで今、飲ませてくれるお酒がおいしかったので
みなさんにも紹介します。
そのボトルは「キャプテン モルガン プライベート ストック」といいます。
梛木さんのホームページから引用させてもらうと・・・・・

自家消費用に特別にストックしていた出来の良いロットを
瓶詰して製品化したもの。それでプライベートストックというネーミング。本当に特別なラム。

良質のさとうきびから造ったプエルトリコ産ゴールドラムに、バニラスパイスとトロピカルフレーバーを加えて造る香り豊かなラムです。だから、甘い香りとまろやかさは抜群。陽気で、しかもロマンチックな新しいおいしさで、発売以来アメリカでもたちまち大人気になりました。

キャプテン モルガンの名は、1635年頃イギリスに生まれ、カリブ海の海賊の頭目(Captain)となったHENRY MORGANの名に因んでいます。
彼のイメージから生まれたのがこのスパイスト ラム。
HENRY MORGANは後にイギリスに戻り、1672年にはナイトの称号を贈られています。
海賊とはいうものの、実体は国益に沿った活動をしていた英雄だったというわけです。

となります。

普段は飲まないラムなんですが、こんなに濃厚でおいしいラムを飲んだのは
初めてでした。
ちなみに普通のキャプテンモルガンも試してみたのですがまるで大人と子供ぐらいの差がありました。
こんなにいいラムを700円で飲ませてくれるBAR NAGIは本当にいいとこです、
いちどホームページをチェックすることをお勧めします。

http://blogs.dion.ne.jp/naginagi/

ということで今週も頑張っていきましょう!!

ブログランキングに投票していただけるとうれしいです。
banner_01.gif

posted by BUNTA at 10:28| 大阪 | Comment(25) | TrackBack(3) | お店(グルメ&BAR) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

東京ビッグサイト

3月22日

突然ですがこの日から始まっていた、「健康博覧会2006」に
行ってきました。

NEC_0299.jpg

東京のお台場(フジテレビがあることで有名ですよね。)にある
ビッグサイト(本当の名前は東京国際展示場と言う)ところで
あったんですが幕張にくらべると都心に近いので便利なんです。

ここで知り合いの方がブースを出していらっしゃるので挨拶を兼ねていった
のですが、この博覧会はほんまに面白かったんですね。
何が面白いかというと、普通に健康を考える商品もあるんですが、宇宙の
気を集めて部屋の中に満たす装置ですとか、潜在意識を見る占いのような
コーナーやオーラを写すコーナーなど、不思議なコーナーがけっこうあり、
色々と試していると結構な時間が経つのです。

僕はここでボクシングの世界チャンピオンにサインをもらい
一緒に写真をとってもらいました。
スポーツ選手も健康とは密接な関係があるのでスポンサードされている
コーナーには選手もきたりしていたんですよ。
ちなみにボクシングの竹原選手も座っていましたよ。

この健康博は24日まで開催されています。東京方面のかたは
ぜひどうぞ。色々と試せて無料が多いですから(入場料は1000円ですよ。)


ブログランキングに投票していただけるとうれしいです。
banner_01.gif

posted by BUNTA at 09:05| 大阪 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

阪神好きなカップル

3月18日
大阪の帝国ホテルの披露宴。
今日のお二人は阪神タイガースの大ファン
ということで「トラッキー」と「ラッキー」が
皆さんをお出迎え。

NEC_0289.JPG

最近の披露宴ではウェルカムベアーをおいて
皆様を迎えることが多いんだけど、トラッキーと
ラッキーは珍しい。しかもドレスをちゃんと着ていますから
ほほえましかったです。

いつもマイクの前でしゃべるんだけど
マイクを前にしたときは、こんな感じに
なっていますね。

NEC_0290.JPG

最初の第一声
「みなさま・・・・・」
という時はいい緊張感があって大好きな瞬間である。

司会をするのは本当に楽しい仕事ですよ。

ブログランキングに投票していただけるとうれしいです。
banner_01.gif
posted by BUNTA at 11:18| 大阪 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

アンダーワールド:エボリューション

3月15日
ソニーピクチャーズ試写室

『アンダーワールド:エボリューション』

20060316006fl00006viewrsz150x.jpg
(C) 2006 Sony Pictures Entertainment(J)Inc. All rights reserved


監督  レン・ワイズマン

キャスト  セリーン   ケイト・ベッキンセール
     マイケル    スコット・スピードマン
     マーカス    トニー・カラン
     クレイブン   シェーン・ブローリー

ストーリー

ヴァンパイアの闇の処刑人セリーンは、自分の家族の復讐のために長老のビクターを殺し、逆に追われる身となる。そして長老のマーカスが復活して、さらに追われる身となったセリーンは、禁断の恋に身を落とす。
マーカスは自分の兄のウィリアムを復活させ世界制覇を目指すのだが、そこにアレクサンドルという不老不死の祖先が現れセリーンに力を貸す。そして最後は・・・

感想

はっきり言って、『アンダーワールド』を見ていないのでコメントしにくい
コレは『マトリックス』を見ずに『マトリックス リローデッド』を評価するようなものなのかもしれない。
映像は当然闇の世界を描いているために暗めである。そこで描かれている登場人物のVFXはかなりのものである。
とにかく時代背景、人物背景を考えながら見ているとわけがわからなくなるので注意が必要。最後はいけいけどんどん、一本背負い!!のような勢いでつづられていく。テレビゲームのような感じですすむ映画であった。

ブログランキングに投票していただけるとうれしいです。
banner_01.gif


posted by BUNTA at 13:30| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝の道端でまた春

街中を歩いていてもところどころに春を見つけます。

今朝も来る途中で見つけた、一足早い満開の桜をご覧頂きましょう。

NEC_0288.JPG

どうですか?満開です。家の庭に生えている桜の花がこんなに

きれいに咲いたら、家の中で花見酒ができますね。

こちらは昨日ソニーエンタテイメントさんに行ったときに

一階の中庭に咲いていた花。ここにも春が来ていました。

NEC_0287.JPG


ブログランキングに投票していただけるとうれしいです。
banner_01.gif

posted by BUNTA at 10:15| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

小さな春見つけた

NEC_0276.JPG   NEC_0275.JPG

先日大阪梅田のヒルトンホテルとWESTの間にある

小さな空間に、一足早い小さな春を見つけることができました。

人工的に植えられたと思われるんですが、

桜の花です。

それに菜の花。

本当にきれいに咲いていました。

小さな春を見つけて心も晴れた日でした。



ブログランキングに投票していただけるとうれしいです。
banner_01.gif 
posted by BUNTA at 10:17| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

SPRIT

3月9日
リサイタルホール試写会

SPRIT(スピリット)

NEC_0286.jpg

監督 ロニー・ユー

製作 ビル・コン

出演 フォ・ユァンジャ  ジェット・リー
   田中安野      中村獅童
   ユエンツー     スン・リー
   ミスター三田    原田眞人
   ノン・ジンスン   ドン・ヨン
   

内容

中国に実在した人物、フォ・ユァンジヤの生涯を中国屈指のアクションスター
ジェットリーが演じている。日本人刺客の中村獅童の演技も光る。ジェットリーがカンフー映画の集大成として選んだ作品。

感想   

久しぶりに充実したカンフー映画を見た気がする。ジェト・リーの原点とも言うべきカンフーの尊敬するフォ・ユァンジアの生涯を年齢的にも気力充実しているリーが渾身の演技でスクリーンを彩っている。
カンフーのシーンは昔の切れはないものの、いまだに超人的な動きは健在。
中村獅童が中国語でリーと渡り合っているんだが、努力の跡がみられる。
彼の立ち回りは結構いけている。カンフーのシーンはスタントが行っているのかなというのはわかるが、三節箟で自らの頭をうっても演技を続けたその姿勢も好感が持てる。ロン・ユー監督も彼の努力を認めているのだ。
カンフーを愛する人には是非みてもらいたい作品である。

3月18日より公開

ブログランキングに投票していただけるとうれしいです。
banner_01.gif


posted by BUNTA at 11:07| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。